情報セキュリティ基本方針

当社は、社会的責任において情報資産をあらゆる脅威から守る方針です。
そして、取引先やお客様から信頼される企業として存続し続けます。
その為にもここに“情報セキュリティ基本方針書”を次のとおり策定し、安全かつ適正な情報セキュリティ対策を実施していきます。

1. 情報資産の管理・保護
当社は適切な人的・組織的・技術的施策を講じて情報資産に対する不正アクセス、漏洩、改ざん、紛失、破壊、利用妨害等を防止し、安全かつ適正な管理、運用を行います。
2. 法令等の順守
当社は情報セキュリティ対策に関する法令、個人情報保護に関する法令、規則等を順守します。
3. 教育研修の実施
当社の情報資産を利用するものに対し、情報セキュリティの重要性に関する教育を実施し、この基本方針の周知徹底をはかります。
4. 順守義務と罰則
当社の定める「対象者」は、情報セキュリティ保護方針を維持する為、情報セキュリティ対策に関する法令、個人情報保護に関する法令、規則等に準じて行動するものとします。
対象者は、各種法令に違反した場合、就業規則に基づいた罰則を適用する場合があります。
5. 継続的な改善
当社はこの基本方針および関連する諸規則、管理体制の評価と見直しを定期的に行い、情報セキュリティの継続的な改善を図ります。
2018年8月15日
株式会社ウィザース
代表取締役社長 田仲 康太郎