Workspace ONE-MDM機能

ポリシー設定の管理

・複数デバイスに対してアカウントの一括設定
・設定変更もリモートからプッシュで可能
・プロファイルの強制適用により、カメラなどの機能制限
・OSやソフトウェアのバージョン管理はもちろん、脱獄(Jail Break)端末の発見も可能


プロファイル設定

デバイスを管理する設定を定義したものであり、プロファイルの設定がデバイスへは適用される設定できる項目はプラットフォームごとに異なるためコンソールでの確認が推奨

 


スマートグループ(割り当て対象のグルーピング機能)

  • プロファイル、アプリケーション等の割り当てる対象を柔軟にグルーピング
  • 以下の情報を用いてグルーピングが可能

・組織グループ
・ユーザーグループ
・所有形態(従業員占有/従業員共有/BYOD)
・タグ
・プラットフォームとOS
・モデル
・デバイスベンダー拡張機能の有無
・特定デバイス・ユーザーの追加・除外

 


設定、ポリシーの配布

セキュリティポリシーや設定を、管理者の指定する条件に基づき柔軟に配布、適用

 


デバイスへのリモートワイプ、ロック

・ユーザがデバイスを紛失した際、管理者が管理コンソールからリモートでフルワイプ・エンタープライズワイプ、リモートロックが可能。
また、セルフサービスポータル機能をユーザに開放すれば、エンドユーザ自身でロック・ワイプも可能になります。

リモートワイプは2種類の制御が可能
・デバイスワイプ(出荷状態への初期化)
・企業情報ワイプ(Airwatchから配布したプロファイル削除)

 

◆管理者コンソール機能

ユーザー自身でデバイスのリモートワイプ、ロックが可能
深夜、休日など、システム管理者と連絡が取りにくい時間帯でも対応できる。

 


ロケーション情報

デバイスの位置情報を取得して、デバイスの位置をマップ上に表示します。最新の位置情報だけでなく、時系列で位置情報を確認することも可能です。

※デバイス側の位置情報取得が有効になっている必要があります。

 


イベントログ

プロファイルのインストールやロック・ワイプの実行など、デバイス上で発生したイベント情報を提供します。

 


レポート

デバイス、アプリ、コンテンツ、位置情報など多岐にわたる情報から、オンデマンドでCSV形式のレポートを作成可能。
また、サブスクリプション機能で定期的にレポート作成をスケジューリングし、指定した管理者やメールアドレスに自動送信することも可能です。

表示: レポートのパラメータを設定し、レポート機能を実行
サンプル: レポートの用途を確認するためにレポートのサンプルを表示
定期受信: 指定された間隔と指定されたパラメータでレポート機能を実行
マイレポートに追加: スムーズにアクセスできるよう、現在のレポートをマイレポートタブに追加