loading

Workspace Gate Directory

在宅勤務定着とともに増えるクラウド利用

オンプレミス環境にある社内システムのみならず、複数のSaaSを駆使して業務を行うワークスタイルは、在宅勤務の広がりやモバイルデバイスの活用が進むにつれて定着してきました。
ユーザーにとってはシステムごとにアカウントを管理する複雑さとシステムごとにログインを要する煩雑さに悩まされています。システム管理者は、複数のシステムに散在するユーザーアカウントを、自社のセキュリティポリシーに適応させる方策に頭を悩ませています。
ユーザー、管理者、いずれの立場においてもアカウントを一元管理するための認証基盤が必要とされています。

クラウド利用の悩み

組織で利用するクラウドサービスを一元管理したい
ID/パスワードのアカウント情報を一元管理したい
パスワードポリシーなどのセキュリティポリシーを守らせたい
シングルサインオン(SSO)を実装したい
SAMLに対応していない社内サーバもSSO対応したい
クラウドサービスを利用できるデバイスを制限したい
オンプレミスADサーバーとSaaSの認証連携を任せたい
オンプレミスサーバーをクラウドに移行させたい。構築後は運用も任せたい

Workspace Gate Directoryとは?

クラウド上でディレクトリサービスを提供し、Microsoft365やsalesforceなどのクラウドサービスの他、社内オンプレミスサーバーとの連携も可能です。

シングルサインオン(SSO)を実現し、ユーザーの利便性が向上します。
クラウドサービスにアクセス可能なデバイスを制限することが可能です。

クラウド利用の悩み

認証
  • モバイルSSO、多要素認証、アクセス制御
ID管理
  • IDプロビジョニング、統合ID管理、AD連携
ID連携
  • 各クラウドサービス、アプリとのID同期
認可
  • 条件付きアクセス(コンディショナルアクセス)
ユーザーポータル
MDM連携
  • Workspace ONE(Workspace Gate MDM)と連携したデバイス管理機能
Workspace Gateサポートデスク
  • ユーザーの追加・削除
  • 利用SaaSの追加・削除
  • SSOポリシーの変更
  • 月次レポート

Workspace Gate Directory - 動作フロー

クラウド上でディレクトリサービスを提供し、モバイルSSO・コンディショナルアクセスを実現。一部SaaSではID同期も行います。

Workspace Gate Directory - 運用フロー

Workspace Gate Directoryに関する設定変更は「Workspace Gateサポートデスク」にて承ります。

Workspace Gate Directory サービスメニュー

サービス名 サービスオプション 価格 概要
Workspace Gate Directory
(Powered by SeciossLink)
Standard ¥2,400 年間ユーザーライセンス。
VMware Workspace ONEとのユーザー連携をご利用いただけます。
Standard(1Cloud) ¥4,800 年間ユーザーライセンス。
VMware Workspace ONEとのユーザー連携と、Namedサービス※1 x1または、汎用サービス※2 x3をご利用いただけます。
Standard(2Clouds) ¥7,200 年間ユーザーライセンス。
VMware Workspace ONEとのユーザー連携と、Namedサービス※1 x2または、汎用サービス※2 x6をご利用いただけます。
Enterprise(連携クラウド数無制限) ¥8,000 年間ユーザーライセンス。
VMware Workspace ONEとのユーザー連携と、Namedサービス※1 および汎用サービス※2を無制限に 、連携クラウド・サーバー x3をご利用いただけます。
オプション 連携Cloud追加オプション ¥50,000 連携するCloud追加する際のスポット対応
Workspace ONE UEMベーシックユーザー移行 ¥200,000 Workspace ONE UEMからWorkspace Gate Directoryへ移行するための導入オプション
オンプレミスAD移行 ¥400,000 オンプレミスのADサーバーからWokrspace Gate Directoryへ移行するための導入オプション
オンプレミスADディレクトリ同期 別途お見積り オンプレミスのADサーバーとWokrspace Gate Directoryを同期するためのオプション
※1 ID 同期機能とシングルサインオンが可能なサービスで、以下のサービスを指します。
Google Workspace / Microsoft 365 / Salesforce / cybozu.com / Box / Dropbox LINE WORKS / Amazon Web Services / Adobe Creative Cloud / Evernote e セールスマネージャー / Freee / GitHub Enterprise / ホットプロファイル / Slack / Zendesk / Zoom / Zscaler / VMware Workspace ONE
※2 SAML 対応サービスや、OpenID Connect を利用してシングルサインオンが可能なサービスを指します。以下の認証プロトコル、認証機能を利用して連携します。
SAML / 代理認証 / OpenID Connect / OAuth / WS Federation / リバースプロキシー
※3 新規ご契約は25ユーザーより、追加は1ユーザー単位で承ります。
※4 サービス利用開始にあたり、1契約あたり¥50,000の初期費用を申し受けます。

ご注意事項

この文書に記載された製品の仕様ならびに動作に関しては、各社ともにこれらを予告なく改変する場合があります。
本文中にある製品名は各社の商標または登録商標です。